HiHiJetが大好きになった日

「ああ…かっこよかった…優斗くん…おてて振ってくれた…かわいかった…」

祭りの後そう思いながら内心よくわからないモヤモヤがあった…(この時はそのモヤモヤの理由が分かってない)

その後B少年がMステに出ることになった。 「えっキンプリじゃないの?てかハイハイは?」

祭りの後からHiB箱推しをはじめはいびちゃんまるっとかわいいかわいいと言ってたのに急に格差(?)が生まれて戸惑いが隠せなかった。

そしていよいよMステ。 階段を降りてるのはキラキラしてる6人の姿… てっきり最初に歌うものだと思ってたのにまさかの大トリ……!! デビュー…?サマステサポーター…?うーん嫌な予感しかしないとブツブツ言いながらツイートをしまくりTLを荒れに荒らした。

いよいよ曲がスタート そこにはB少年のバックにいたハイハイの姿…

「うわっやっぱりいる…」

なんとなく察してはいたものの何とも言えない感情になった……

「この感情…知ってる…私知ってる…」 ふと祭りの後の気持ちと同じような気がした

今考えると祭りとMステ終わりに感じたこのモヤモヤはHiHiJetに危機感を感じた時の気持ちかもしれない…と

でも祭りの時と違うことがある。 それはHiHiJetに着いて行っても大丈夫だという安心感。

今思い返すと祭りの時はB少年の歓声の大きさにビビってHiHiJet大丈夫か?と不安しかなかった…

しかしMステで見たHiHiJetは強い目をしていて簡単に言うと震えた。

猪狩いないのは残念としか言いようがないけどあの3人の目を見た瞬間HiHiJetいける!お前らなら旋風巻き起こせる!そんな風に思った。

今なら言えるが正直祭りまでHiHiJetはグループと言えないというか…まとまりがないというか…4人がバラバラな気がした(独断と偏見) だから箱推しなんて無縁だな〜と思いながら優斗くんばっか見て生きてきた。

でも、クリエや今回のMステで猪狩のフォローとか瑞稀の体調不良で気遣うはしゆととかほんとにやっとグループとしてまとまってきたなって思ったら急にHiHiJetがまるっと最&高になった(ハイハイ担としてクソ新規でごめんなさい🙇)

今回のMステでB少年のバックと言われて本人達には悔しいと思ってて欲しい。 その悔しさをバネにHiHiJetをもっともっと大きくして行って欲しいというのが私の願いです!

いつかHiHiJet4人でHiHiJetとしてあの階段降りてやろうじゃん!!